タニコー株式会社

タニコーは業務用厨房機器メーカーとして、お客様のニーズに合った厨房機器及び厨房のトータルコンサルタントを行ってまいります。

まかないご飯

未来に向けて、タニコーが取り組んでいる課題と進行状況を紹介します。

■タニコーが掲げる『未来創造』

タニコーが掲げる『未来創造』

未来へ向けて弊社は、取り組むべき多くの課題に対し、創造、解決のための弛まぬ努力を惜しみません。多岐に渡る課題は、我等が社長を筆頭に社員一人ひとりが真摯に受け止め、解決していく事が必要と考えています。

このページでは、未来に向けて、現在タニコーが取り組んでいる主な課題と状況を、数回に渡って紹介していきます。その記念すべき第一回目は、弊社厨房器具デザインの現場から、インダストリアルデザインの課題克服へ向かいつつある姿を紹介しましょう。

総合厨房メーカーでは、2つの異なったデザイン室があります。ガスレンジやオーブン等機器一つ一つをデザインする、所謂(いわゆる)インダストリアル・デザイン。

2つめはそのガスレンジやオーブンなどの機器を、シェフの使い方に応じてキッチンという場所に当てはめ、実際に使える形にプランニングする、所謂レイアウト・デザイン。

2つは司法と行政のような関係であり、どちらが欠けても総合厨房とは言えません。今回はガスレンジやオーブンなどの機器をデザインする、インダストリアル・デザインにスポットを当てます。

皆さんは当社のカタログに目を通された事はありますか。インターネット上でも『製品情報』ページで全製品のほんの一部ですが閲覧できます。ぜひご覧下さい。

さて、その内容についてどのような感想をお持ちになりましたか。品数が多い、面白い器具がある、金属ばかりでつまらない、はたまたカタログが見づらいなど、私どもは皆様からいろいろな貴重な意見をいただき、より良い製品作りのために反映させていただいております。

その意見の中で私たちが改善しなければいけない事項の一つに、製品デザインの見直しが上げられます。カタログで、器具1つだけ見ると納得したデザインがなされているように見えますが、全体を通してみると何かが変です。
何となくバラバラだと思いませんか。タニコーとしての、本来の顔が見えてこないような・・・。
しかし私たちは、その事について気がついてはいるものの、何処がどうおかしいのか、数年程前まで分析せずじまいだった事は反省しなければなりません。

モジュール配置の分析 操作系の分析

遅ればせながら社内で特別デザインチームが組まれ、それは設計職であり、営業職であり、製造職であり、デザイン職に限らず様々な職種から有能な人材が集まりました。

デザインに限らず製品の改善には、まず正確な現状分析が必要です。寸法、色、操作部、モジュール形状、取り付け位置など事細かに分析しました。ここでは詳しく申し上げられませんが、結果として浮き上がってきた問題点は、解決の糸口としてだけではなく、私たちの進むべきデザインの方向をも指し示してくれます。

初期スケッチ 1 初期スケッチ 2

当社製品の大きなデザイン的問題は、その統一性の欠如にあります。一つ一つは素晴らしいデザインでも、まとめてみた結果、外見や使い勝手について、お客様から疑問を投げ掛けられる場合も時として見受けられます。今後21世紀に向けて技術やニーズなど時代に則した総合的デザインが必要とされるはずです。私たちは、デザインに求められる多くの意味や役割を踏まえながら初期スケッチに入り、検討を重ねました。

初期スケッチ 3 初期スケッチ 4

時が経つにつれ、次第に考えがまとまりつつもなお検討を重ね、スケッチからラフスケッチ、ラフスケッチからレンダリングへと作業は進行します。ここに至っては基本的なデザインは勿論、製造側の整備も整ってきます。
レンダリングは、コンピュータの画面のなかで3次元的にモデルを作成し、画面のなかで材質を決め、画面のなかで表面仕上げをしたのち、最終確認に使われます。その昔の実物大模型(現在もショーモデルや実験などの用途に使われます)作成と同意で、この当時は木彫刻や粘土で手間をかけて作られた大変高価な「作品」でした。現在はコンピュータがある程度、この作業を代行しています。

最終的なデザインが完成すると、それに基づいて設計・製造図面、仕様書の作成に取り掛かりますが、場合によってはデザイン作業と並行して進められる場合もあります。
そして順調に作業が進めば、試作、検査、各種認証登録、パンフレット制作その他を経て製造ラインに乗り、製品は、やがてお客様の手元に渡ってゆきます。今の状況はまだ試作の初期段階ですが、完成し製品となるその日を夢見て私たちは努力を重ねていきます。どうかその日まで、タニコーの『未来創造』に、ご期待ください。

DESIGN PLAN 1 DESIGN PLAN 2