製品メンテナンス

フッ素加工のお手入れ方法

便利なフッ素加工鍋のお手入れ方法をご紹介します。
食材がこびりつかず、とても便利なフッ素加工樹脂ですが、フッ素樹脂のコーティングは使用しているうちにだんだん剥がれてきて、そこに食材が付着し、清掃に時間がかかるだけではなく、食材のロスが増えてしまいます。
正しい清掃を行って、フッ素樹脂を長持ちさせ、より長く快適に使いましょう。

フッ素加工のお手入れ方法

はじめに

フッ素樹脂加工がされた調理器具の中に長時間料理を入れてままにしておくと、表面のミクロの穴から、調味料が浸透し、フッ素樹脂が剥がれる原因にもなり、さらには食材がこびりつき、清掃が困難になります。使用後は長時間放置せずにこまめな清掃を心がけましょう。

清掃方法

中性洗剤を使用し、柔らかなスポンジで洗います。金属製や研磨剤入りのタワシ、研磨剤入りの洗剤はフッ素樹脂を削ってしまうため、使用するしないで下さい。(下記参照)汚れがこびりついて取りずらい場合は、ぬるま湯に浸し、汚れがふやけてから洗うようにしてください。

清掃用具について

清掃用具について

より長く快適にお客様に製品をお使いいただくために、タニコーではタニコー製品のフッ素樹脂加工(回転釜、回転炒め機、たい焼き器、たこ焼き器)の張り替えを行っています。お求め安い価格にて再フッ素加工が可能です。
詳しくは最寄りの営業所にお問い合わせ下さい。

フッ素樹脂張り替え前と後


タニコー株式会社 / 製品メンテナンス / フッ素加工のお手入れ方法

ページのトップへ