製品メンテナンス

スチームコンベクションオーブンの清掃方法
清掃部位別のチェックポイント(型式TSCO-6GBN2,TSCO-10GBN2)

スチームコンベクションオーブンをより長く、快適にお使いいただくために、お手入れ方法をご紹介いたします。こまめなお手入れは、性能維持だけではなく省エネにもつながるため、是非、行ってください。

常にベストのコンディションでお使いいただき、万が一のトラブルを未然に防ぐ為に一年に一回の保守契約点検をお薦めします。詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

本体外装

掃除のタイミング:調理後、毎日行ってください。

本体外装は、中性洗剤を溶かした布で汚れを拭き取り、その後よく絞った布で洗剤分を完全に拭き取ります。
※本体が十分に冷えてから行ってください。
※本体外装に直接水をかけての掃除は絶対にしないでください。

中性洗剤を溶かした布で汚れを拭き取り


庫内

掃除のタイミング:調理後、毎日行ってください。

1, 扉を開けて「庫内冷却ボタン」を押し、庫内温度を60℃以下に下げてからご使用ください。

庫内の清掃方法

2, 付属のスプレーガンを使って専用洗剤を庫内にまんべんなくスプレーします。タニコーはお求め安い価格で専用洗剤を販売しています。
※洗剤をスプレーするときは、目や肌につかないようにしてください。
※メガネ・マスクやゴム手袋などを身につけてスプレーしてください。

洗剤をスプレーする
専用洗剤タニコースチコンクリーナー

3, 扉を閉めて10~15分放置します。

放置します

4, 調理モードを「スチーム」にして、約20分間運転します。

再度運転

5, 運転終了後、クリーニングシャワーで庫内をよく洗い流します。使用後は、クリーニングシャワーの元栓を閉じてください。

再度運転


ドアガラス

掃除のタイミング:調理後、毎日行ってください。

右上のツマミをゆるめ、フックを持ってドア内ガラスを外します。二重ガラスの両面を清掃します。

ドアガラスの清掃


庫内付属品(棚受・ファンカバー・エアフィルター・芯温センサー)

掃除のタイミング:一週間に一回程度、点検、清掃をしてください。

棚受・ファンカバー

棚受・ファンカバー

棚受を外した後、ファンカバーを上下の止め具から図のように外し(①)、手前に引きます(②)「スチーム量切替」ボタンを押しながら「庫内水散布」ボタンを2秒以上押します。
取り付けの際は、逆の手順で行います。この時、ファンカバーに上下を識別する刻印がついているので、上下を確認しながら取り付けます。

芯温センサー

芯温センサー

芯温センサーは、ご使用の度に中性洗剤を含ませた濡れふきんでよく拭き取ります。芯温センサーの汚れがひどいと、正確な芯温が計れなくなることがあるため、忘れずに行ってください。

 

エアフィルター

手前に引いて、エアーフィルターを外し(A)水洗いします。取り付ける時は逆の手順で行います。※汚れがひどいは、中性洗剤で洗います。


庫内排水部

掃除のタイミング:調理後、毎日行ってください。

排水網に溜まったゴミは、捨てて清潔に保ってください。


スチームタンクの排水

掃除のタイミング:一週間以上使用しない時、移設するときは必ず排水してください。

※本体が十分に冷めてから行ってください。熱い状態で使用すると、機能しない場合があります。

  • 1, 扉を開けます
  • 2, 「スチーム量切替」ボタンを押しながら「庫内水散布」ボタンを2秒以上押します。操作パネルの表示が消え、「タンク洗浄中」が点灯して排水します。排水が終わると「タンク洗浄中」が消灯します。
  • 3, 排水が終わりましたら、必ず「電源」ボタンを押し、電源を切ります。

毎日の清掃、点検をしっかり行っていても、「機器の調子が悪い」等不具合をお感じになったら、ご相談下さい。
タニコーの全国各地にいるサービスマンがお客様の元へお伺いし、機器の点検、修理をいたします。詳しくは最寄りの営業所にお問い合わせください。


タニコー株式会社 / 製品メンテナンス / スチームコンベクションオーブンの清掃方法

ページのトップへ